GWA | Global Women's Association(グローバルウィメンズアソシエーション)

GWAはSDGsに準拠した
活動の見える化推進中!

第10回世界で闘うグローバル女子会IN福岡は
2020年から1年懸けて
2021年に完結します!

2011年から国内外の女性のグローバルな出会いと情報交換の場として開催を継続して来た、GWAの世界で闘うグローバル女子会の醍醐味は、海外在住メンバーがそれぞれの国の最新情報を持ち寄り、国内メンバーと情報交換をするというところにあります。コロナ禍の状況を見守り最後の最後まで検討を重ねましたが、予定していた日程に、海外在住メンバーが安心して日本に帰国する事が出来ません。

知恵を絞って考え出した案が、2020年と2021年を合わせた通年開催です。海外メンバーと国内メンバーが福岡の地で会えるように、1年間を懸けて準備し、2021年の秋に、大会を完結させたいと思っています。

2020年はオンライン開催! 
11月7(日)

YouTube GWA公式チャンネルはこちら!

2011年3月11日、私達の歴史はここから始まりました。

GWA(当時は和みの会)としての初めてのスタートは、2011年3月12日の第一回国際交流会IN上海でした。その開催の前日、未曾有の大惨事である「東北震災」が発生しました。翌日の日本からの出発を予定していたメンバーでしたが、成田空港は使用不可。東京中が大渋滞。奇跡は発起人の乗るフライトが、3月12日午前10:00発ANAだった事。昨晩の大渋滞が嘘のように解消され、飛行機は上海に向けて定刻に出発しました。黙祷を捧げて始まった国際交流会の席上で、「こんな時だからこそ、みんなで日本に帰って、日本を元気にしょう!」その場で9月の国内大会の開催が決定されました。それが、世界で闘うグローバル女子会のはじまりです。

第1回 世界で闘うグローバル女子会 

香港、中国、アメリカ、シンガポール等から日本を元気にしようとたくさんの海外在住グローバル女子が日本に帰国し、最新情報や海外に出たきっかけ、悩みやその解決方法をシェアーしました。マスコミ等でそれほど有名でもないグローバル女子の話を聞きに集まってくれる人はそんなにいないのではという不安をよそに、一回しか会えない有名人より何回でも会える友達を海外に作ろうと考えている人達からの共感が集まりました。

参加者の中から「自分の街で開催したい」と声が上がります。

1回目の世界で闘うグローバル女子会に参加した、GWA副代表の重光悦枝さんより、この大会を地元「熊本」で開催したいとの手が上がりました。世界中で頑張っている女性達と国内で頑張っている女性達との出会いと情報交換の場です。インバウンドとアウトバウンドとの融合を目指してこれ以降、大会の参加者の中から次の開催地の立候補があがる、そんなリレーを今日まで継続することが出来ています。

熊本の皆様からの心からのおもてなしに感動した大会でした。熊本城迎賓館からネット配信された、再春館製薬創業者西川会長の特別講演、夜の交流会には出席できなくまもんの突然の昼間の訪問。熊本自慢の地元グルメと伝統芸能「ハイヤ節」。この大会をきっかけに熊本に足を運ぶメンバーが増加しています。(参加累計 約100名)

女子力で世界を平和に!をキャッチテーマとして開催された広島大会。広島原爆を忘れないために毎年開催される子供達のミュージカル「I Pray」特別版の上演、広島出身で世界で活躍するバレリーナ藤光カナミさんによる広島美術館を背景にしたパフォーマンスに魅入られた大会でした。(参加累計 約110名)

二回目となる東京大会は、特別ゲストに、「砂漠に創った世界一の学校」の著者でもあるスワーダ・アル・ムダファーラさん(日本名は森田美保子さん)をオマーンから迎え素晴らしい講演に一同感激しました。この大会をきっかけに、GWAとスワーダさんとの交流がスタートしました。(参加累計 130名)

エンターテーメントの本場らしく前夜祭はハロウインパーティー。思い思いに仮装した参加者で会場は熱気に溢れました。この年は、松阪慶子さん主演で映画化された「ベトナムの風に吹かれて」の原作者である小松みゆきさんを講師に迎えての特別講演が行われました。(参加累計 約200名)

東北震災から5年。東北を元気にしようと企画されたグローバル女子ツアー。岩手県久慈市からの熱烈歓迎を受けて、あまちゃん特別列車を貸切り、見る・食べる・買うの女子力パワーで久慈市を元気づける事ができました。(参加者 約30名)

岡山と世界が繋がる日をテーマに開催されました。フルーツ王国の岡山らしく、会場には朝採れの新鮮野菜やフルーツが持ち込まれあっという間に売り切れました。岡山県知事や岡山市長にも参加頂き、最後は「うらじゃ」で大盛り上がりでした。(参加累計 約150名)

女性活躍ナンバーワン県の福井県。その中でも女性を活用した取り組みで有名な鯖江市の牧野市長のSDGSへの取組の講演は非常に感銘を受けました。めがねや高級傘、日本酒等のこだわりの物作りに取り組んでいる鯖江市をたくさん学ばせて頂きました。)(参加累計 約50名)

宴会おもてなしと言えば高知県。高知からの最高のおもてなしで迎えられました。坂本龍馬が世界を夢見たか桂浜に立ち、グローバルとは何か?を考えさせられる大会となりました。(参加累計 約140名)