世界で闘うグローバル女子会

原爆の歴史から平和を学ぶガイドツアー開催(参加無料)

9月14日(土) 集合 ANAクラウンプラザロビー 10:00   ツアー終了11:45 定員 20名

今回の第3回世界で闘うグローバル女子会のテーマは、開催地にちなんで「女子力で世界を平和に」です。原爆という悲惨な歴史を持つ広島での開催にあたり、参加される皆様のために、ガイドツアーを開催致します。

長年のガイド経験を持つ松田誠一郎さんがボランティアガイドをつとめて下さいます。原爆ドームを見学した後、原爆資料館に移動しながらいろんなお話を聞いて頂きます.

ツアーガイドの松田誠一郎さんのご好意により、参加費は無料ですので、参加される皆様は、1,000円位のご当地のお土産を準備して当日松田さんにお渡し頂くと喜ばれると思います。

 原爆ド~1

 平成8年(1996年)12月、ユネスコ第20回世界遺産委員会メリダ会議で、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。

昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。人類史上最初の原子爆弾が炸裂したのは、広島県産業奨励館から南東約160メートル、高度約 600メートルのところです。爆風の圧力は1平方メートルあたり35トン、風速は440メートルという凄まじいもので、建物は爆風と熱線を浴びて大破し、 天井から火を吹いて全焼。爆風がほとんど垂直に働いたため、本館の中心部は奇跡的に倒壊を免れたものの、館内にいた人はすべて即死しています。戦後、旧産業奨励館の残骸は、頂上の円蓋、鉄骨の形から、いつしか市民から原爆ドームと呼ばれるようになりました。

2013-07-05 | Posted in 世界で闘うグローバル女子会Comments Closed